The Okayama Medical Foundation

公益財団法人岡山医学振興会




ご 挨 拶
 当公益財団は、岡山大学医学部創立130周年と岡山大学医学部の大学院化とを慶賀する事業の一環として、2001年7月に創立されました。岡山県内における医学に関する教育研究を振興するとともに,先端技術の向上を目指した大学と医学界及び医療産業界等との連携を図り,もって学術及び医療技術開発の 進展に寄与することを目的としてます。2011年12月1日より新しい公益財団法人岡山医学振興会として出発することになりました。

当公財の助成の基本的立場について
1.教育に関係するものを優先します。教育についての実践可能な優れた課題を期待しています。教育が大変大切だと思います。
2.研究については、過去3年間の優れた発表論文を重視して選考します。当財団は、各研究機関の発表論文数を増やすこと、それらの 論文の質をあげることを目指しています。現在、日本国内から国際誌に発表される論文が減少しています。この傾向に歯止めをかける意味で、論文の発表を重視します。将来の研究計画だけの課題に対しては、助成が困難です。発表論文はインパクトの高いものだけでなく、関係分野のトップレベルのものが要求されます。たとえば、Amr. J. Psychiatry., J. Invest. Dermatol., Arch. Optthalmol., Ann.Thoracic Surg., Int. J. Legal Med., Neurosurgery、Diabetes などなど。 
この方針は、優れたアイデアの研究の芽をつむ危険性があるのですが、しかし、アイデアだけに終わり論文にならない危険性もあります。実際、現在までに優れたアイデアで助成されたものが、すぐれた論文になったものがないのが現状です。以上の理由より、優れた論文を基礎にして、その研究をさらに発展させることができる応募に助成の重点を置いています。

3.若い研究者をできるだけ助成したいと思います。

岡山医学振興会の事業として
    1.医学に関する教育及び研究活動に対する助成

       教育者の養成援助・教育研究機関及び地域社会との連携・地域社会との交流(学術集会を含む)・医学発展に対する国際交流  

    2. 医学に関する市民講座

  以上の助成の公募を行いますので,何卒ふるってご応募下さいますようお願いいたします。
 なお,今後とも当公財の育成につきまして,ご協力,ご支援を賜りますよう,よろしくお願い申し上げます。

公益財団法人岡山医学振興会
代表理事 難波正義



公 募第16回 公募助成募集期間変更につきまして

 
例年3月発行の財団NEWSにて公募助成受付を行って参りました。
今年より、6月発行に変更になります。公募募集期間は7月〜8月末までと期間延長致しました。9月に選考委員会開催。10.11月に役員会に諮り承認、12月に助成式を行います。募集期間が変更になりましたこと、ご理解ご了承頂きますようお願い申し上げます



第15回 岡山医療フォーラム開催致しました


ウイルスと暮らし』  抄 録
2016年3月5日(土)14:00〜16:00
岡山国際交流センター2階国際会議場


たくさんの方にご来場いただき、誠にありがとうございました。

 



平成26年度(2014年)決算報告

 
貸借対照表  正味財産増減計算書  正味財産増減計算内訳書


第15回公募助成式が開催されました

6月29日(月)18時30分より、岡山大学医学部管理棟3階中会議室にて助成式が行われました。今回の応募総数は50件でした。

第15回公募助成採択一覧


2015.6.29山陽新聞掲載


第15回公募助成を申請承ります。
 
2015.4.30締切ました 

2015年度版申請用紙
第14回岡山医療フォーラムが開催されました

毎年、たくさんの方にご来場いただきありがとうございました

 日 時 2015年2月21日(土曜)
 場 所 岡山国際交流センター2階 国際会議場
 主 催 公益財団法人岡山医学振興会
 
《血管と疾患》  抄 録

演者 杉生 憲志先生 岡山大学脳神経外科・IVRセンター
    『脳血管障害(脳卒中)とその最新治療』

    中村一文先生 岡山大学循環器内科
    『高血圧と心臓病−血圧管理は、元気で長生きのもと-』

    杉山 斉先生 岡山大学慢性腎臓病対策腎不全治療学
    『今、見直そう〜腎臓と健康長寿の関係〜』





定  款 2011.12.1


役 員 名 簿 2015.6.22


税額控除制度について

 免税措置が適用されます     
     寄付金口座   ゆうちょ銀行 01360-5-55920 


     ご住所・お名前を記載の上お振込みください。
     税額控除に係る証明書を裏面に印刷した領収書を後日郵送致します。


 教育研究機関及び地域社会との交流事業   研 究 集 会 ・学 術 講 演 会

1.目的
  この助成は,岡山県内で開催される医学に関する教育・研究集会,学術講演会等を対象とし,
  その開催経費を補助し,その活動を支援することを目的とする。
2.助成対象の教育・研究集会
  1)学協会及びその支部が主催するもの
  2)公知された懇話会,研究会等が主催するもの
  3)財団が認める組織が主催するもの
3.助成条件
  1)岡山県内の医学に関する教育あるいは研究機関に所属する者が世話人として申請するものです。
  2)財団ニュース及び学会誌等で広報された研究集会等であること
4.申請方法
  申請は「募金趣意書」を作成し,事務局宛にご提出下さい。
5.申請締め切り日
  随時
6.助成の決定
  随時、本財団の選考委員会において選考し,理事会で決定します。

    
  助成金交付申請書ならびに募金趣意書 様式 1〜5まで必要箇所をご記入いただき当公益財団にご提出ください。

    助成金交付申請書 様式1 様式2  様式3  様式4  様式5

学会,会議等開催する際の寄付金の募集について


助成させていただきました方はA4一枚にまとめた報告書のご提出をお願いしております。ご協力お願い申し上げます。 報告書の書式


岡山医学振興会の事務時間

 現在,月・金曜日の午前中事務局にて逢坂綾子が事務を行っています。 公財にご相談がおありの方は,この時間帯でお願いいたします。 また,特別のご相談の場合は,月曜日に代表理事が事務局におりますのでご連絡下さい。

連絡先

700-8558岡山市北区鹿田町2-5-1
岡山大学医学部記念会館3階

公益財団法人岡山医学振興会事務局
  Tel: 086-235-7067
  Fax: 086-235-7067
  E-mail: zaidan@md.okayama-u.ac.jp